マンション管理士資格の        ここがおすすめ!

マンション管理士資格取得方法の比較


合格する割合は 
 独学通信講座スクールの順に高い

考えられる学習スタイルは
   学校に通う(スクール

   通信で習う(通信講座)

   自分でテキストや参考書を見て勉強する(独学)

の3パターンがあります

合格する割合は スクールが1番高く、2番目が通信講座
そして独学が1番少ないと言われています

でも人それぞれ、仕事をしているので時間が取れない、とか
お金の余裕がないなど色々な事情があると思います   

そこで、費用や、時間を表にしてみました


マンション管理士資格取得スタイル比較表


独学やスクールは、マンション管理士のみを勉強することが
できます

※ここで紹介している通信講座はどちらも

管理業務主任の資格も同時に勉強する
 コースになっています

コース、内容 時間 費用
独学 マンション管理士 600時間〜800時間 参考書・テキスト代
スクール
 (A社)
マンション管理士対策コース  目安:6〜8ヶ月 教室講座の場合 105,000円
 (A社) マンション管理士・管理業務主任者対策コース  目安:6〜8ヶ月 教室講座の場合 113,000円
通信講座
 (U社)
マンション管理士・管理業務主任者合格講座 7ヵ月 58,000円
 (K社) マンション管理士・管理業務主任者合格講座 6 ヵ月 58,000円


独学は、時間も経費も自分次第です
あまりお金をかけず、勉強することが好きな人向きですが
合格する割合は低いと言われています
(一説には、試験は難しくないのに独学者の合格率が悪いため
全体の合格率が下がっている、とも言われています)

スクールは、時間があり、お金の余裕がある人
お勧めです
このスタイルでの受験者の合格率が高いので理想的な
勉強法ですね

通信講座は、ある程度自分のペースに合わせて進めることができ講座代金もスクールよりかなり安く
一番人気のある勉強法です



マンション管理士への第一歩 まずは資料請求から


各種国家試験の資格取得の専門予備校としても有名

資格の学校TAC[タック]


この講座の特徴は=選べる多彩な受講方法
  ●Web通信
   インターネットを利用してパソコンで学習するスタイル
  ●DVD通信
   教室の生講義を収録したDVDをご自宅で…
  ●カセット通信
   携帯型のカセットプレーヤーでどこでも気軽に受講

「皆が正解できる問題をいかに間違えないか」
基礎をしっかりおさえてその基礎をどうやっ て本試験レベルの
実力へ繋げるかです
「実力完成講義」を唯一カリキュラムに組み込み、基礎から実力までを完全マスターできるように工夫されています



資格の学校ATC 通信講座の資料無料請求はこちらです



INFORMATION

2012-11月
最終日曜日
24年度「マンション管理士」試験日